一日一座・・・郭公山(楢葉町)

この山を最後に、阿武隈高原は太平洋に向かって標高を下げる。
山の名前が「ホトトギス山」とは・・難解山名の中でもトップクラスかも!
枝葉を大きく広げた樹木が日差しを遮り、山肌は落ち葉が広る。この樹林が、樹林内を飛び交う野鳥を猛禽類から守るのだろう。
この日は霧が発ち込み、野鳥の姿や囀りはなかったが、代わりにアライグマらしき動物が姿を現す。