一日一座・・・鶴石山(郡山市)

山高きが故に尊からず、樹有るを以て尊しと為す。人肥えたる故に尊からず・・・
この「樹有るを以て尊し」と思えば藪もまた尊しか!
阿武隈高原の個性薄い山々を掻き分けるように山間を走らせる。目指す鶴石山と思われる山が見え隠れする。少しだけ標高が目立つ。
地形図に破線はなく、目標とした取り付け地から藪漕ぎが始まるが、その薮の中に獣の通り道と思われる隙間が続く。獣道に誘導されるように山頂を目指す。