山小屋の感染対策

天気予報が安定しない。出発時間を1時間遅らせても、爺ケ岳の稜線は猛烈な風が吹き上げる。
この風が覆いつくす雲を吹き飛ばすのを期待して山頂を目指す。1時間遅らせた結果、山頂到着時は風もやみ、信州の街並みが顔御出し、特有の湧き上がる雲越しに爺が岳が。
下山日。前日同様の空模様。天候次第で爺が岳はパスを告げ出発
爺北方、中峰と通過するにしたがって薄日が差しだし、爺南峰へ
へぼガイドをカバーする大展望が開け大歓声が広がる。