黒滝山

難易度が四段階の3。難易度の高い!と表示される西上州の山旅は「黒滝山」と「鍬柄山」
黒滝山・・中国の水墨画にありそうな岩峰の御堂を過ぎると、馬の背の細い岩稜が。続いて垂直に近い鉄梯子。山が小さく休む間もなく観音岩。急峻な下りに待っているのは九十九谷の絶景。まったくもって、楽しい山です。
鍬柄山・・黒滝山のフロク程度に考えていた鍬柄山。駐車場から見上げると・・ザイル必要かな!!
黒滝山を下山し、帰宅モードの身体が悲鳴を上げる急登。噴き出す汗に立ち止まると、立ち枯れした先に岩峰が・・。取り付け地点から鎖が山頂まで続く。楽しさを飲み込み、大きな声で指示。山頂でのハイタッチもそこそこに、下りの注意を促す。終わってみれば・・・あ~楽しかった・・。